トップページ の中の 健康・美容 エクササイズ コラム の中の 咀嚼筋(咬筋)ほぐしマッサージ

伊藤院長の『健康・エクササイズ コラム』

咀嚼筋(咬筋)ほぐしマッサージ

<方法>

両手で猫の手を作り、内側に向けて頬に当てます。

1回60秒を朝昼晩1日3セット、指の骨で顎にそってほぐす。

咬筋の位置がわからなくなった場合は、先ほどの位置確認の工程を初めから行ってください。咬筋ではない場所は食いしばっても盛り上がらないので、マッサージしないように注意しましょう。

咬筋ほぐし.jpg

※心地良い強さでほぐして下さい。

※強くほぐしすぎないよう注意してください。

※正しい回数を守りましょう。

 

小顔、顎間接症、顎の疲れ、顎周りのむくみ、フェイスラインのたるみ、エラの張り、顎の歪み、血色などが気になる方にぜひお勧めです。

 

次回、側頭筋の位置とコリ についてご紹介いたします。

 

[an error occurred while processing this directive]

このページの上部へ